アラキドン酸

不飽和脂肪酸の一つであり、オメガ6系に分類されます。
γーリノレン酸と共にビタミンFとも呼ばれています。
アラキドン酸は体内で合成されないため、食物から摂取します。
主に肉類、レバー類、魚貝類、卵などの透物製たんぱく質から摂取します。

アラキドン酸は対ネイでプロスタグランディン2と言う物質に変化し、免疫系や神経系ぼ既往調節や血圧機能調節に関与します。
また、神経細胞の育成を促す効果があるため、乳幼児の育成に必要な成分と考えられています。

ですが過剰摂取は動脈硬化、高血圧、アレルギー疾患や炎症疾患の原因となります。