アルガンオイル

アルガンオイルは、モロッコ南西部に生育する固有の木、
アルガンツリーの果実の種子から採取した植物オイルです。
アルガンの樹は、世界でもモロッコの南西部にのみ生育する
非常に希少な樹です。 一時期絶滅の危機を迎えたアルガンの森は、
ユネスコの生物圏保護区に指定され、現在も保護されています。
取り出した種を割り、仁と呼ばれる白い核を絞ることで採油します。
伝統的な方法では、石臼を用いて実を絞ります。機械による圧搾は
熱を伴うため、アルガンオイルの酸化を招いてしまうので推奨されません。
食用としてはくせがなく、繊細で新鮮な香りと味わいが特徴です。
ビタミンEの含有量はオリーブオイルの約2~3倍もあり、オレイン酸も
豊富に含むモロッコでは昔から重宝されてきた食用油です。