ステアリン酸

動物性、植物製ともに最も多く含まれる飽和脂肪酸の一種で、
他の飽和脂肪酸とは異なり、コレステロール値を減少させる働きがあります。
精製されたものは主に化粧品や石鹸に用いられます。