マーガリン

元々バターが高価であることからバターの代替としてつくられた食品であり、以前は人造バターと呼ばれていました。
味や風味などはバターよりも劣るが安価であるため、バターの代用品としてパンやケーキ、クッキー、
アイスクリーム、チョコレートなど多くの食品の原材料に使われ、
またバターやオリーブオイルのようにパンに塗って食べるために広く用いられています。

マーガリンにはトランス脂肪酸が含まれており、健康被害を与える可能性が指摘されています。