溶媒抽出法

溶媒抽出法は、水-有機溶媒系の抽出を利用した分離分析法です。
原材料に含まれる油を、ヘキサンなどの溶媒に溶かして抽出し、
あとでヘキサン等を蒸発させることで残った油を、食用油として利用します。
溶媒抽出法では なんと99%の油を抽出することができますが、
溶媒抽出法で作られた油は、
溶媒を加える時・溶媒を蒸発させる時・精製の時・脱臭の時と、
何度も何度も200度以上の高温にさらされます。
油は高温にさらされることで、ビタミンやミネラルがほとんど含まれず、
脂肪酸が「トランス脂肪酸」に変化したり、酸化・劣化します。