肝油

タラやブリなどの魚の肝臓から取り出した脂です。
ビタミンAやDを豊富に含むため、以前はビタミンAの貴重な原料とされ、
戦後から1970年代後半にかけて日本の学校給食でも出されていました。
最近では他の魚油と同様硬化油としてマーガリンやショートニングなどの
加工油脂向け原料となっています。

ですが近年深海鮫やアンコウのなど肝油が
DPA・EPA・DHA等の有効成分によって
健康食品としての再注目を浴びています。